紫外線の強い時期におすすめ、緑茶ヨーグルトパックとレモン緑茶

日焼け止めにかぶれる事が多い私は、夏場でもファンデーションのみなんですが、日差しの強いこの時期は、長時間外出したり運転したりすると、シミが出来るんじゃないかとヒヤヒヤします。

だって、シミ・シワの原因の8割は紫外線だっていうじゃないですか。

そこで、夏になると、緑茶とヨーグルトを混ぜたものを顔にぬりぬり・・・カッパになります(笑)

30代の頃からずっと続けてるから、かれこれもう20年以上。

緑茶ヨーグルトパックを始めてから、美白物の化粧品を使う機会が減りました。
よーく見ると小さなシミはあるけど、ファンデを塗れば隠れるから、いいっかな~と。

以前、化粧品会社の肌診断の機械で「年齢の割にはシミが少ない」と判断されたのも、このパックを続けているおかげかも。
+ビタミンCを20歳の頃からずーっと飲んでます。

緑茶ヨーグルトパックの作り方
①プレーンヨーグルトに粉末緑茶を混ぜる(1回で顔に塗れる分量)
私は「手軽にカテキン」を使ってます。

②①を肌をこすらないように顔に塗り、5分~10分そのままにしておきます。
余ったパックは手の甲にぬりぬり、手の甲も日焼けしやすい場所ですよね(余裕があれば腕まで)

③きれいに洗い流してスキンケアをする。

緑茶ヨーグルトパックを洗い流したお肌は、くすみが消えてしっとりとした手触り。
これは、ヨーグルトと緑茶に含まれる成分のおかげなんですね。

ヨーグルトに含まれる、ピーリング作用のあるAHAと、アミノ酸の宝庫ホエイが、古い角質を除去したり、シミやくすみの原因である酵素が活性化しないようにしてくれる。

緑茶には、シミを解消するのに効果があると言われるカテキンやビタミンCが含まれる。

他にも、小麦粉を入れたり、はちみつを入れたりのレシピがあるのですが、私は色々試して、緑茶とヨーグルトに落ち着きました。

全て食べられるものではありますが、必ずパッチテストを行ってくださいね。
私は、顔は平気ですが、首や胸元はかぶれてしまいました。
・・・面の皮が厚い?(笑)

それからピーリング作用があるので、毎日行ってはダメですよ。

緑茶と言えばもうひとつ、最近、レモン緑茶にハマっています。
水出しの緑茶にレモン汁(ポッカレモンなど)を入れるだけなんですが。

緑茶にレモンを加えることで、効率よくビタミンCが取れるそうで、むくみやダイエットに効果があると言われてます。

と、その効果は私はよくわからないのですが、酸っぱいものが好きで、美味しいから飲んでます。

レモン緑茶には注意点2つがあります。

レモンに含まれる「ソラレン」という物質には、紫外線の吸収を高める作用があり、食後9時間は光毒性の効果が続くと言われているので、日が陰った夕方以降に飲む、日が出ている間は飲まない。

・・・おぉ、書いてて思ったけど、なんかラマダンみたいだ。

レモン緑茶を飲んだ後すぐに歯磨きをすると、歯のエナメル質を傷つける恐れがあるため、直後の歯磨きは控える、お酢と一緒ですね。

この2点を守って、残暑を乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました