若く見える顔の特徴① 頬の高さをキープしよう!

私の「顔ヨガレッスン」では『10年前の顔を目指しましょう』とお話しています。

鏡を下に置いて覗き込んだ顔が10年後、頭の上に持って来て見上げた顔が10年前、と言われています。

さて、若く見える顔の特徴とは?

私独自調べです。

まず、顔ヨガインストラクター養成講座の時に聞いた若くみえる顔の特徴、頬が高いについてです。

「頬の高さ」ですが、若い頃のハリのある肌は、重力に負けないメカニズムが備わっている為、頬の位置が高く保たれています。

しかし、加齢によりコラーゲンの引き上げ力が弱まったり、生成自体が減少していきます。

表情筋も、年を重ねるごとに他の筋肉と同じように衰えていきます。

さらに新陳代謝の低下などにより、皮膚のたるみが引き起こされ、重力に逆らう事が出来ず頬の位置が下降していきます。

頬が下がると顔の重心が下がって見え、老けたイメージを与えやすくなるんですね。

また、大手化粧品メーカーの研究で「人は相手の頬を見て年齢を判断する」という事が判明したそうです(2016年)

新解明!頬の動きに潜むエイジングサイン

表情変化に伴い現れるエイジングサインを低減する化粧料を開発

皮膚が動く事で40代から老けた印象を与えてしまう。
見た目の年齢を判断する際には、頬に視線が向けられる。

頬の肌ノイズと見た動きの遅れが見た目年齢をあげてしまう。
・表情の変化に伴って生じる白トビ領域面積のばらつきが大きくなる
・表情の変化に頬の皮膚の動きのタイミングが遅れる

=POLA OLBIS HOLDINGS NEWS RELEASE 2016.7.13より抜粋=

加齢に伴い「 輝度(白トビ領域)」及び「毛穴周辺のスジ形状」の量と、それらの表情間の変動が増加する
表情とともにこれらふたつが揺れ動くと視覚的なノイズになると考えられる。
そのためこれらを合わせて加齢に伴い発生する『肌ノイズ』と定義した。
=POLA OLBIS HOLDINGS NEWS RELEASE 2016.11.24より抜粋=

「白飛び領域」って、某化粧品メーカーで言う所の「つや玉」の事だと思います。
この「つや玉」の動きが加齢とともに遅くなるって事なんですね。

原因は、加齢により肌表面のキメが乱れる事によって、光が拡散されなくなるからですって。

肌のつや、髪のつや、歯のつや .。*゚+.*.。

老化により、いろんな”つや”が失われていくと聞くので、いっしょうけんめい「つや玉」を育てていたんですが。

私の大事な大事な「つや玉ちゃん」が若い肌にはない視覚的な肌のノイズとして感じられる」だなんて・・・

ショック

そして「毛穴周辺のスジ形状」

私、TVに出演した時「チューくださいのポーズ」を横からドアップで映されてて。
その時に、すぼめた口元に向かって「ミリミリミリ~」と細かいスジが寄っていくのを見て、あわわわ・・・と思ったんですよね。

自分では見えないけど、人からは見られている訳ですからね、なるほど(涙
まぁ、普段の生活で「顔ヨガ」ほど顔を動かす機会はないでしょうけど。

『メラビアンの法則』では、人は、初めて会った相手の情報を、まずは視覚から得ると言われています。

その中でやはり、まず顔を見ますよね。
もっとも印象を左右するのは「相手の顔の目と頬のあたり」で、人はこの部位を見て、0.5秒で印象の判断を行うそうです。

そう言えば、初対面の人やあまり親しくない人と対面する時って、あまり目ばかり見てては失礼かな?と、目の下あたり、つまり頬を見ている事が多くないですか?

・・・頬って色んな情報を回りに与えてるのですね。

女性も男性も、見た目で老けた印象を与えたくなかったら対策が必要です!

さて、この頬の高さをキープするには、大頬骨筋と頬筋を鍛える必要があります。

大胸骨筋は口角からこめかみにつながる筋肉。
頬筋は頬を膨らませたりへこませたりする筋肉です。

顔ヨガのポーズだと「びっくりスマイル」が該当します。

私、元々頬骨は高いのですが、のっかっている肉も多めなので、気を付けないとすぐにたるんでしまうタイプ。

なので「びっくりスマイル」のポーズは1日もかかした事がないです。

おかげで、久しぶりに会った友人から「なんか入れた?」と「入れてる疑惑」が出たり、レッスンの時は毎回のように「さすが頬が高いですね」と言われます。

そのくらい効きますし、また、結果の出やすい部分だと思います。

下の写真は、左が顔ヨガ体験前、右が養成講座最終日(顔ヨガ4日目)の私の顔なんですが、最終日の写真は頬が高くなってるのがおわかり頂けると思います。

養成講座が終わった翌朝(顔ヨガ5日目)、顔を洗った後鏡を見てまず「おぉ、顔が立体的になってる!」と思いました。

「中高(なかだか)」になった、というんですか?

数年前の自分に会ったようでした。
まさに『10年前の顔を目指しましょう』を実体験したのです。

顔ヨガは、自力で自分の筋肉(表情筋)を鍛えてストレッチするので、副作用の心配もありません。

ただ、さぼるとすぐに戻ってしまうので継続は必要です。

顔ヨガを体験して、この感動を、是非味わっていただけたらと思います。

*この記事は2016.8.13のRewriteです。

PS・・・
ここ1か月程、芋こんにゃくを摂取しています。
芋こんにゃくには「セラミド」が含まれていて、お肌のハリつやにすごく効果があるんです。

こんにゃく業界とは一切関係がないんですけど(むしろ関係が欲しいくらい惚れこんでる)あまりに効果があるので、勝手にお勧めしちゃいます。

タイトルとURLをコピーしました