歌に必要なリズム感を鍛えよう!

みなさんはカラオケで歌う時、何に気をつけて歌いますか?
まずは「音程」ですよね?
しかし正しい音程でも、リズム感が悪いと歌が下手に聞こえてしまいます。
今日は「リズム感を鍛える方法」について考えました。

歌の上手い人の特徴

「音程があっている」「リズムが正確」「声量がある」これは歌の上手い人。
私はこれに「声質」「音域の広さ」「表現力」が加わったのが「歌を聴かせる人」だと思います。

この中で「声質」だけは産まれ持ったモノなので変える事は難しいですが、他は訓練すれば上達しますよ!

リズム感

リズムとは?
音楽における「リズム」は、音が繰り返される時間的なパターンの事。

リズム感とは?
リズム感じる能力=タイミングが来た時に、声を出したり音を出したりのコントロールが出来る事。

リズム感が悪いと?
歌の場合は音程が良くても下手くそに聞こえます。
演奏の場合は聞いててダレます。

リズムは音楽の土台
リズムがしっかりしていないと、メロディーやハーモニーが生きません。
なので、バンドにおけるドラムとベースのリズム隊は非常に重要なんですよ!

カラオケで上手な人でも

生伴奏で歌うと意外とリズムがわからなくなったりします。
これは自分の中でしっかりカウントがとれてないからだと思います。

音符の長さは色々ありますが、今日使うのは四分音符と八分音符。
四分音符の半分の長さが八分音符になります。
基礎の基礎ですが、意外と把握されていない方が多いので図で表しました。

リズム感を鍛えるトレーニング法

カウントしよう
*メトロノームや曲に合わせて手を叩いてみましょう♪

ポップスやロックはほとんどが4/4、いわゆる4拍子です。
一小節の間に四分音符が4つ入ります。
まずは、1,2,3,4とカウントします。

表拍をとろう


1,2,3,4のカウントがとれたら次に表拍をとりましょう。
表拍は1,3です。
1,2,3,4と口で言いながら、1と3で手を叩きましょう。

裏拍をとろう


裏拍は2,4です。
1,2,3,4と口で言いながら、2と4で手を叩きましょう。

今現在の音楽はほとんどが裏拍のノリです。
ドラムのスネアが入る位置を聞くと、裏拍がわかると思います。

八分音符の裏拍をとろう

普通に数えると1,2,3,4,5,6,7,8,ですが、裏拍で数える場合は11,12,13,14でカウントします。
そして11の1、12の2、13の3、14の4の時に手を叩くとノリノリの裏拍がとれます。

実際の曲を使ってやった方がわかりやすいと思うので動画にします。
曲は”youtubeオーディオライブラリー”からお借りした「Golden」この曲好き~♡

リズム

歌う時は、まず曲をしっかり覚えて、お手本と一緒に歌う。
カラオケなどで歌う時は、伴奏をよく聞きながら歌う。
特にドラムをちゃんと聞く。
途中カウント迷子になっても1拍目がわかればリカバリー可能です。

リズムトレーニングをして、体の中に「体内メトロノーム」を育てましょう♪

レッスン案内

顔ヨガレッスンメニュー料金表
MUSIC CLASSメニュー料金表
顔ヨガLerisa★HP

お問合せはこちらから

タイトルとURLをコピーしました