可能性は人が見出してくれるのかもしれない

自分の職歴の事を書いてて思い出した。

私は事務でも経理事務が長いのだが、学生時代の友人達は口々に「え~ 弘恵が経理?ウ・ケ・ル~!」と言う。

言われてごもっとも!
私が一番信じられないわよっ!

だって、私、小学5年かな?
「サイン、コサイン、タンジェント」の辺りからさっぱり算数がわからなくなった。

中学、高校時代は赤点の女王★
高3の1学期で「数学」の履修が終わり(音楽科だからね)授業がなくなった嬉しさを今でも覚えている。

その後、一切、数学には関わらない生活を送り、初めて就職した会社では営業事務に配属。

憧れの「東京のOL」生活が始まった・・・5キロ先は埼玉だったけど(笑)

しかし、1ヶ月もしない内に「君はYES/NOがハッキリ言えるから」と言う謎の理由で経理部に配属替え・・・

その言葉を告げたヒゲ専務の顔を今でもハッキリ覚えている。

自分の人生、最大のピンチ!

けど、まだ若くて可愛い~かった私は、素直に配属に従うしかなかった。

で、まずは、数字を書く練習♡から始めた(笑)

イヤ、マジで!

経理は「誰からも読める数字」を書かなくてはいけない。
当時の私はまともな数字すら書けなかった・・・

次に電卓の練習♡

当時、PCはDOS版しかなかったから全て手計算。
おびただしい行の数字を毎日、縦計、横計して合わせる。

おかげで電卓は「お前は親の敵でもとってんのか?」と言われるくらい早くなった。

その後の上司(CPA持ち)には「左で電卓叩いて右手で書け」と言われたがさすがにその技は習得出来ていない。

そんな感じの、とんでもないレベルからのスタートだったけど適性があったみたいで、今でも続いている。

お金の計算は好き♡

お金の計算は早い♡

でも、相変わらず数学は全く駄目xxx

簿記検定の時も、簿記の問題じゃなくて「一次方程式」が理解出来ず、丸一日勉強。
・・・「期首がX」なんて実務じゃあり得ないよ。

多分私・・・「公式覚えられない病」なんだと思うわ♡

てな訳で、あの時専務に言われなかったら、自分で経理の道を選ぶ事はなかったと思う。

「世の中に『絶対』はない」と言うが、これだけは『絶対』ない!

けど、とても苦手な事でも、チャンスが来たら乗っかってみる。
食わず嫌いはやめて、まずはトライ!

もしかしたら、自分の素質や可能性って周りの人が見出してくれる事もあるのかもしれないよ。

駄目だったら方向転換すればいいだけさ。

自分の経験からそう思うんだ★

名前忘れたけど、ヒゲ専務、ありがとう♪

レッスン案内

顔ヨガレッスンメニュー料金表 MUSIC CLASSメニュー料金表 顔ヨガLerisa★HP

お問合せはこちらから 

タイトルとURLをコピーしました