『ラ・ラ・ランド』*ネタバレあり


映画や海外ドラマが大好きですが
普段、恋愛モノはほとんど見ません

好きなのは猟奇殺人モノとか政府の
陰謀モノとかSFとかゾンビとか(笑)

なので『ラ・ラ・ランド』は
「女優志望のミアとジャズピアニスト
セブのロマンス」なんで
全然興味なかったんだけど

デイミアン・チャゼル監督の前作
『セッション』がめちゃくちゃ
面白かったので俄然興味が!

遅ればせながら見てまいりました

『ラ・ラ・ランド』はミュージカル♪
ストーリーはとても面白かった!
映像もとても綺麗♡

でも、歌とダンスが
私には物足りなかったな

どーも、この監督の映画の音楽を
私は楽しめないみたい

『セッション』も
名門音大に入学したドラマーと
鬼教師の話で

「鬼畜JAZZ映画」と誰かが書いてたけど
まさにそんな感じ(笑)

学生時代を思い出し
自分が怒られているような
ヒリヒリした思いで見てたんだけど
JAZZの話だった事はすっかり忘れてた

JAZZの良さが出てないって言うか・・・
JAZZってもっと自由なんじゃないの?
あんな軍隊の特訓のようなレッスンで
いい音楽が生まれるのか?

そもそも音楽に愛があるのか?
と疑問が

でも話はめちゃくちゃ面白いんですよ(汗)

『ラ・ラ・ランド』での
JAZZへの愛はよ~くわかった

しかし、この時代
JAZZは廃れていく一方・・・

セブが求める音楽と
大衆が求める音楽は違う訳で

なので、安定した収入を得る為に
商業主義的なバンドに入るセブ

なんだけど

熱狂的なオーディエンスとは対照的な
やる気のない八分音符の連打(笑)

現実と理想の狭間で揺れ動く気持ちが
あの八分音符に凝縮されていたと思う

そして「a-ha」の扱いには笑った
私「a-ha」が大っ嫌いだったんです!
*「Take on Me」 (1984)が大ヒットした
ノルウェー出身の3人組

と、誉めてるんだか何だかわからなく
なったけど(笑)

オープニングとエンディングは
もの凄~く良いです!

オープニングを見るだけでも
この映画を見る価値はあると思います

そして、エンディングはせつなかったな

とってもビタースイートだけど
2人の笑顔が心に残りました

『セッション』のエンディングも圧巻!
「鬼畜JAZZ映画」だったのを忘れるくらい(笑)

結論=「終わりよければ全て良し?」

レッスン案内

顔ヨガレッスンメニュー料金表
MUSIC CLASSメニュー料金表
顔ヨガLerisa★HP

お問合せはこちらから 

タイトルとURLをコピーしました