若く見える顔の特徴②シャープなフェイスライン

若く見える顔の特徴①で「頬の高さ」と「鼻と口が近い」について書きましたが、私が40半ばを過ぎて一番感じていたのは「顔の下半分がたるんできた」事。

「顔が四角くなった」とも言いますね。

血糖値コントロールの為、3年前から糖質制限を始め6キロ減量したにも関わらず二重あごになるし・・・

今日は若く見える顔の特徴②「小顔で顎のラインがシャープ」について。

まず「私の顔が四角くなった理由」を箇条書きで。
私の場合は
加齢以外にも生活習慣で思い当たる節が多すぎ~

①加齢によって、皮膚がたるみ、その下の皮下組織の脂肪層も大きくなってたるみ、さらに表情筋が弱って、フェイスラインがたるむ。

②元々エラが張った輪郭。

③仕事で1日中PCに向かっている。
又、横向きで寝る癖があるので肩が前に入り首が前に出た状態。
その為、リンパがつまり、常に首や肩がこっており、顔がむくむ。

④自分の歯ぎしりで目が覚める程歯ぎしりがひどく(寝るときはマウスピースをはめます)かなりくいしばっているので噛む為の筋肉が発達している、且、こっている。

①は誰にでも当てはまる理由ですね。

そして、ネットで次の文章を見つけたのですが、激しく納得!

咬筋(噛む時の筋肉)の使い過ぎで筋肉が発達して肥大してしまう

それに対して、他の部分の筋肉は加齢で衰えてたるむ

咬筋のコリ=エラがどんどん目立つ(顔が大きく見える)
他の筋肉の衰えによる頬のたるみ口角の下がり、フェイスラインのゆるみがよけいに強調される 。

そう言えば、数年前、化粧品メーカーのブースで頭を機械に突っ込んで肌診断をしてもらうヤツ
をやったのですが

「年齢の割には・・キメが細かくシミが少ない」
「年齢の割には・・・たるんでいる」

という結果が出てショックを受けたんでした。

でもあきらめませんよ~

せっせと「顔ヨガ」やってだいぶ、顎のラインがシャープになって来ました。

二重あごに関しては、以前、唾石症で右顎の下を切る手術をしている為、左右の脂肪の付き方も違い、なかなか手ごわい。
筋肉のコリもあるのでマッサージも併用して長期スパンで頑張りたいと思います。

そうそう、面白いアプリ見つけました。
『AgingBooth』(エイジングブース)
自分がおじいちゃん、おばあゃんになった顔がわかるそうです。

2048年、32年後の私・・・
う~んと、何歳だっけな?

実際はもっと瞼が垂れ下がって目が小さくなると思いますが。
ってか、父方のばあちゃんにそっくり!

タイトルとURLをコピーしました