若く見える顔の特徴①

「顔ヨガレッスン」では『10年前の顔を目指しましょう』とお話しています。

鏡を下に置いて覗き込んだ顔が10年後、頭の上に持って来て見上げた顔が10年前、と言われています。

さて、若く見える顔の特徴とは?

私独自調べです。

まず今日は、インストラクター養成講座の時に聞いた若くみえる顔の特徴①頬が高い」と「鼻と口が近い」について書きたいと思います。

まず「頬の高さ」ですが、若い頃のハリのある肌は重力に負けないメカニズムが備わっている為、頬の位置が高く保たれています。

しかし、加齢によりコラーゲンの引き上げ力が弱まったり、生成自体が減少していきます。

さらに新陳代謝の低下などにより、皮膚のたるみが引き起こされ、重力に逆らう事が出来ず頬の位置が下降していきます。

そして、つい最近のニュースですが、大手化粧品メーカーの研究で「人は相手の頬を見て年齢を判断する」という事が判明したそうです。
新解明!頬の動きに潜むエイジングサイン

きゃぁ~頬っぺた大事!!!

次に「鼻と口の距離」ですが、若い頃の唇は立体感があり鼻の下の人中(鼻の下の溝)も明瞭です。
しかし、年齢を重ねると、加齢によるたるみで鼻の下が長くなったり人中がのっぺりとしてきます。
又、唇も薄くなり立体感が失われ、輪郭がぼやけてくる事により鼻と口の距離が長くなります。

でも大丈夫

私が「顔ヨガ」で一番最初に効果を感じたのが上記の2点。

下の写真は、左が顔ヨガ体験前、右が養成講座最終日の私の顔なんですが、右の写真は頬が高くなって鼻と口の間が短くなっているのがおわかり頂けると思います。

たった4日でこの変化ですから「顔ヨガ」凄いですよね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました