婚活するなら「ありの~ままの~♪」ではいかんと思う


婚活の相談にのっていた時「ありのままの私を受け入れてくれる人がいいんです♡」と言う言葉をよく聞きました。

特に女子に多い・・・

うんうん、わかるよ~
かつて私もそう思っていたもの。

丁度、私が適齢期の頃、美輪明宏さんの本を読みました。

その中にあった文章です↓

「ありのままの私を受け入れて」なんていう女はムシがいいのよ。

ありのままのお前がなんぼのもんじゃっていうのよ。

なんの努力もしないで、ずうずうしい。

例えば畑の大根だって、引き抜いて、泥を落として、皮をむいて千切りにするなりして、お皿に盛って「はい、召し上がれ」って、それで美味しく受け入れられるんでしょう。

泥だらけの大根を突き出してさあ食えって失礼だと思わない?

この言葉に、頭をがーんと殴られたような気がしました。

確かにそうだ。

当時の私は「ありのままの私」を、相手に受け入れてもらおうと考えてました。

だって、その方が楽じゃなぁ~い?(笑)

でも、よくよく考えたら、私は相手の「ありのまま」は受け入れられない。

なのに、相手に自分の「ありのまま」を受け入れろ、ってのは無理な話ではないか?

そうなんだよな!

「ありのまま」じゃいけないんだ!

外見だけじゃなく、中味も美味しい大根にならなくちゃいけないんだ♡

と、当時付き合っていた人にそう伝えたら「おお!ようやくわかったか」とかなり感激して、その後、結婚へと進んだのですが。

・・・・まぁ、それはそれで失敗(小声で)

この美輪さんの本は、マイケルジャクソンをディスってる時点で「?」と思ったんだけど、この「大根」の話は心に刺ささりました。

だから、婚活女子が「ありのままの~」の話をしだしたら、大根の話をしてました。

もし、今、婚活してる人がいたら、頭の片隅に「大根」の話を置いてみるといいかも♡

元婚活アドバイザーによる、婚活アドバイスをプラスした顔ヨガレッスンもあります♡

タイトルとURLをコピーしました