『ブレードランナー2049』は映画館で観るべし!


大大大~好きな映画『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2049』
実は先週観たんだけど、考えがまとまらなかったので今まで保留。

前作を越える衝撃はなかったけど、後からじわじわくる映画。
続編がありそうなラストだし。
35年後公開はやめてね、年齢的に観れないかもしれないから(笑)

万人にお勧め出来る映画ではないけど、観るなら映画館で観るのがお勧めよ★
音響が凄いから!

全身にズンズン来る音圧に、伝説のクラブ「芝浦GOLD」を思い出したもん。
そばに「ジュリアナ東京」もあって~って、ここら関連の話はまたいつか(笑)

もっとちゃんと理解したいなと、1982年公開の前作『ブレードランナー』も観直してみた。

まだCGとかなかった時代なのに、新宿・歌舞伎町をヒントにした、酸性雨がふりそそぐ近未来(2019年)の街並みは、退廃的で美しく、今見てもワクワクする。

首都高を横浜から東京方面に走ると見えてくる、夜の工場地帯もまるっきりブレードランナーの世界よね★
私が「退廃美」や「廃墟」に惹かれるのは『ブレードランナー』がきっかけなんだと思うわ。

そしてなんと言っても、ヴァンゲリスの音楽がいい♡

ってか、2019年って事は再来年じゃん!
現実世界では、まだ車は空を飛びそうにないわね(笑)

そして『2049』はその30年後。
人間はますます少なくなり、世界は更に荒廃化が進んでいる。

今回、どちらの作品も見て思ったんだけど、ブレードランナーって映像美と世界観が語られる事が多いし、私もそこが好きなんだけど、根本に流れるのは「アイデンティと愛」の物語なんだよね。

『ブレードランナー』では人間(多分)とレプリカントが恋に落ちる。
レプリカント同士も愛し合っている。
『2049』では、レプリカントとヴァーチャル恋人のせつない愛が描かれる。

『ブレードランナー』のラスト、ルトガー・ハウアー演じる(怪演)戦闘用レプリカントの最後のセリフに「生きるって何だろうな」と考え込んでしまった(前作のレプリカントの寿命は4年)

「おまえたち人間には信じられないようなものを私は見てきた
オリオン座の近くで燃える宇宙戦艦
タンホイザー・ゲートの近くで暗闇に瞬くCビーム
そんな思い出も時間と共にやがて消える
雨の中の涙のように・・・死ぬ時が来た」

『2049』のラストもせつなかったわ・・・じわじわきます。
3時間近い上映なので、お手洗いは済ませておくのをお勧めします。

レッスン案内

顔ヨガレッスンメニュー料金表
MUSIC CLASSメニュー料金表
顔ヨガLerisa★HP

お問合せはこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました