世の中にはバッハもモーッァルトも知らない人がいると言う事実!

まぁ、うちのアフガンボスなんですが(笑)

日本人ならクラシック音楽に興味がなくても知ってますよね?
学校の音楽室の後ろに、いかつい顔の肖像画が貼ってあるし。

なんとね、アフガニスタンの学校では音楽の授業がないんだそう!(アートの授業はあるんだって)

私的には近年稀に見るカルチャーギャップ!だったので、学生時代の「音楽史」の教科書を引っ張り出して調べてみた。

私達が普段「クラシック音楽」と呼んでいるものは「西洋音楽の中で芸術音楽としての性格を持つもの」です。

文明は「世界四大文明」から始まったと習いましたが、音楽もエジプトやインダス・ガンジス河流域、そしてギリシャで発展していきます。

その後、西洋音楽は、ヨーロッパでキリスト教と深い関わりをもちながら発展していきます。

そう、クラシック音楽はキリスト教と深い関わりを持っているのです。

・・・やっぱここかなぁ?
彼らはイスラム教な訳だし

詳しく調べたら、アフガンの社会では「音楽はイスラム教の教義に反する」という考え方もあり、音楽を学ぶことをタブー視する慣習も根深いようです

カトリックの幼稚園に通い(弟は仏様の幼稚園)クリスマスの後は初詣、宗教を感じるのはお葬式くらい・・・の家で育った私としては、考えた事もないような理由。

そんなバッハもモーッァルトも知らないボスファミリーですが、家でも車でもよく現地の音楽がかかっています。

奥さん「これはカザフスタンの音楽よ」
ボス「この曲はイランだよ」

・・・私にはみんな同じに聞こえるんだけど(汗)

なんか、リズムが独特で節回しがこぶしを多用する歌い方!
そして、ここらへんの歌手は、みんな、超絶歌が上手い。

私からすると、エジプトの音楽も同じに聞こえるんだけど、ボスいわく「○○スタン辺りの音楽」は”インド寄り”なんだと・・・わからんなぁ

ボスに教えてもらった、アフガニスタンで一番HOT★な歌手「Aryana Sayeed」(アリアナ・サイード)2015年に大ヒットした『Yaar-e-Bamyani』

Aryana Sayeed – Yaar-e Bamyani / Yare Bamyani – OFFICIAL VIDEO

濃厚セクスィ~
キャッチーなメロディと民族楽器の音、そして変拍子がなんともくせになる!
・・・私、ハマってしまったわ(笑)

今では、TVで音楽番組もたくさんやっているそうですが、タリバン時代はTVや音楽、いわゆる「娯楽」を禁じていたと聞きます。

その戒律がまだまだ残る中で、命がけで音楽を奏でる人達がいると言う事も知りました。

日本では考えられない事ですね・・・同じ時代を生きているのに。

自由に音楽を楽しめる環境に感謝しながら…私ももちっとピアノ練習しよう❗

音楽と女子教育への弾圧乗り越えアフガン初の女性オーケストラがダボスで演奏|地球ニュース|Think the Earth
タイトルとURLをコピーしました